ライフスタイルに合わせた働き方を

「パート」「アルバイト」「派遣」として活躍する助産師さん

女性の職業でもある“助産師さん”は、「プライベートとお仕事の両立」が悩みの種になりがちです。 女性として生きている以上、自身も結婚や出産を経験することも珍しくはありません。

また、子育てや身内の介護など、様々な家庭の事情からライフスタイルが変化してしまうケースも多く、 どうしてもフルタイムでも勤務が難しくなってしまい、離職や転職を選択する事もあるでしょう。

そんな場合、正規の職員としてではない雇用形態にも目を向けてみて下さい。「アルバイト」や「パート」、また「派遣社員」など、自身のライフスタイルにあった働き方を選択する事で、“助産師さん”のお仕事とプライベートとの両立が可能になるかもしれません。

「パート」や「アルバイト」として活躍する“助産師さん”は、「○時〜△時 まで」という風に決められた時間・曜日で働いています。病院に寄っては雇用保険や社会保険など、福利厚生も充実している メリットも存在する反面で、残業をお願いされる事もあるといったネックも存在してます。

対して、「派遣」として活躍している“助産師さん”には、希望する事で残業を避ける事が可能です。 雇用先は〈病院〉ではなく〈派遣会社〉になりますので、事前に「残業の出来ないスタッフである」事を 伝えておけば、病院側は残業をお願いする事ができないのです。

しかし、「派遣」として働く“助産師さん”達は「パート」「アルバイト」の“助産師さん”と異なり 病院からの福利厚生を受ける事は出来ないといったデメリットがあるのです。

これらのメリット・デメリットを考慮した上で、自分の現状や希望条件と照らし合わせ、無理なく“助産師さん”を続ける事が出来る選択をしましょう。人材不足が叫ばれている“助産師さん”の就職・転職シーンでは、正規の職員に限らず「アルバイト」や「パート」、「派遣」など、様々なスタイルで働き方を選択できます。

求人情報が少なくて・・・と困るケースも少ないのではないでしょうか。家庭の事情などで、働ける時間帯に制限が出てしまったとしても、このように様々な雇用形態に目を向ける事で、これからも“助産師さん”としての活躍を続ける事が出来るのです。

↑ PAGE TOP