自分の希望にあった助産師求人を探しましょう!

助産師求人の探し方



医療関係で働く人々、たとえば医師や看護師、検査技師などすべては国家試験に合格しないと就けない仕事ばかりです。その中でも助産師は看護師の資格を持ちそのうえで、助産師の資格を取らなければなりません。それだけ勉強の時間も長く、難関ともいえます。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

助産師の職場の多くは総合病院や産院です。通常ですと経験をより多く積めるこうした職場でフルタイム、あるいは夜勤も含めた仕事を求めることになりますが、子供が小さかったりするなど、家庭の事情でアルバイトやパートで時間がある程度自由になる雇用を望む場合もあります。
公益社団法人 京都府看護協会

助産師の仕事の探し方も一般の仕事の探し方と同じようにハローワークで探す方法がまず頭に浮かびます。ハローワークではあらゆる求人を扱っており、その件数も多く情報量としてはダントツかもしれませんし、地元の職場に限定して探したいという時には非常に便利だといえます。

しかし、助産師という仕事に特化した場合、はたして「質」という点では疑問が残ります。 医療機関の求人というのは、一般の求人とは違って特殊キャリアでもあります。広く求めるというよりは厳選して求めるという傾向が強く、専門職ならではの求人の特徴というものもあります。

そのような点を踏まえるとやはり助産師に特化した転職就職紹介サービスを利用するのもひとつの手段ではないでしょうか。このような転職紹介サービスを利用することで、一番助かるのは、希望を伝えるだけで、できるだけその希望に沿う仕事を紹介してもらえることです。

就職するにはそれなりにエネルギーが必要です。情報収集から始まって、問い合わせや就職希望先の実情などいろいろやらなければなりません。しかも転職となると仕事をしながらの就職活動になりますから非常に大変です。

転職就職サービスは登録するだけで、後は担当者からの連絡を待つだけですし、担当のアドバイザーに希望条件を伝えれば、その希望によって就職先に交渉までしてくれます。

有料老人ホームでの看護師の仕事

看護師には病院での看護の仕事だけではなく、健康管理を専従する保健室や医務室勤務があります。これらは従業員などの健康管理をする仕事なのですが、その中の1つに有料老人ホームでの勤務もあります。主な仕事はホームを利用する高齢者たちの健康管理業務です。

介護業務はなく健康管理が主な仕事なので、学校の保健室や一般企業の医務室と共に働きやすい職場としても人気があります。有料老人ホームとは、介護老人福祉施設と呼ばれいてるもので、同じような名称の施設は他にもあります。

似たような施設ですので、施設への転職を考えるときはその施設の事業内容やサービスなどをしっかりとリサーチをすることが大切です。

有料老人ホームとは、自宅へ帰るのが困難な方や常に介護が必要とされる高齢者が入居する施設です。それに対し、介護老人保健施設と呼ばれる施設は主にリハビリが必要な高齢者のための施設で、自宅へ戻れるようにすることを目的としているので病院とあまり変わらないことがあります。

このように同じような施設名でも目的は全く違っているのでしっかりと調べることが必要です。

有料老人ホームのスタッフの割合は介護士が31人以上と多いのですが、看護師は3人以上となっています。有料老人ホームでは介護老人ホームより看護師の求人数が少なっています。

介護士よりも看護師のほうが待遇がいいのですが、求人が少ないので看護師の資格を持っている人が、介護士の資格を取得して募集人数の多い介護士として就職する人もいます。

有料老人ホームは日勤だけの場合もあるのですが、施設によっては夜勤勤務もあります。また、正社員以外のパートなどの募集もありいろいろな形態の働き方があるのも特徴です。

最近では、高級有料老人ホーム型のマンションなどもできてきているので、施設看護師のニーズも増えてきているようです。待遇などは各ホームによって違いますので、いろいろな求人情報を見て情報収集をするようにしましょう。

パワハラは病院にもある?

セクシャルハラスメントやモラルハラスメント、マタニティハラスメントにエイジハラスメントなど現代社会ではハラスメントによる問題が多くあります。そんなハラスメントによって苦しんでいる人たちが多くいることも事実です。

その一つにあるパワーハラスメント。パワーハラスメントとは、自分の地位や権力などを利用して部下などに嫌がらせをするいわゆる大人のいじめのようなものです。

場所を選ばず、職場や取引先などで業務上での合理性がない言動を連発して、相手のプライドを傷つけていきます。最近では部下から上司に、同僚から同僚へと上下関係に関係なくパワハラが行われているという状況もあるようです。

上司の能力のなさを部下がなじるなど上司を信頼することができなくなり社内のモチベーションが下がっていきます。このような状況が理不尽な懲罰や叱咤を引き起こし、かえって致命的なミスを引き起こすことになってしまうこともあるようです。

残念ながら、医療業界でもパワハラの報告はあります。病院内であればドクターや看護師長からのパワハラがあります。一般企業でも同じですが、病院内でパワハラ受けて退職をしてしまう看護師も多くいます。理不尽ないじめで、好きな仕事を辞めなければいけないのはとても辛いことですよね。

ドクターの機嫌が悪くて当たられた。看護師長や主任看護師からきつい勤務を組まれたなどという例が多く聞かれます。看護師長や主任看護師は直接の上司にあたりますが、ドクターは直接上司ではないこともあります。それほど年が離れていないドクターから、パワハラを受けるとやはり理不尽さを感じずにはいられません。

パワハラの相談数は年々増えています。学校でのいじめがなくならないように、大人社会でのいじめでもあるパワハラをなくすことは難しいのかもしれません。しかし、理不尽ないじめで仕事を辞めるのは納得がいきませんよね。悩んでいることや困っていることがあれば、一人で悩まずに相談窓口に相談してみましょう。

↑ PAGE TOP